『スタンフォード式最高の睡眠』に学ぶ最高の睡眠を取る方法

その他

みなさんこんにちは、ふみかです。

転職して働き始めてから、睡眠がよく取れずに悩んでいました。

通勤に約3時間掛かる上、1日にやりたいことが多く、睡眠時間を削っていました。

そのため朝の寝起きが悪く、眠気を感じ、仕事中も集中力が保てないことがありました。

そんな悩みを解決するため、スタンフォード式 最高の睡眠を読んでみました。

今回はスタンフォード式 最高の睡眠から明日から使える睡眠のメソッドをシェアしたいと思います。

 


睡眠の大切さ

  • 睡眠は人生の3分の1の時間を占める
  • 睡眠が残りの3分の2の人生のパフォーマンスを決める
  • 睡眠を制する者が人生を制するともいれる

 

最高の睡眠を取るためには

黄金の90分の法則

  • 睡眠は量より質を重視する。
  • 睡眠は入眠後90分の睡眠の質で決まる。
  • 入眠後の90分質のいい睡眠をとることができれば、睡眠を制することができる。

 

黄金の90分を実現するためには

  • 睡眠前に体と脳を休ませ、リラックスすることが必要。
  • 寝る90分までに入浴を済ませる。
  • 寝る前は頭を働かせることはあまりせず、脳を休める。

 

睡眠に関する豆知識

  • 短時間睡眠は肥満になりやすいが、寝過ぎもよくない。6〜7時間がベスト!
  • 昼寝は1時間以上はよくない、20分ぐらいがちょうどいい。

 

『スタンフォード式最高の睡眠』に学ぶ最高の睡眠を取る方法【まとめ】

今回はスタンフォード式 最高の睡眠より最高の睡眠を取る方法について、シェアしました。

最高の睡眠を取るのに大切なのは、黄金の90分をしっかり眠ることです。

そのために入眠の90分前に入浴し、体を休め、脳も休めることが大切です。

1日24時間は、全ての人に平等です。

その限られた時間でやるべきこと、やりたいことをして、十分な睡眠を取るには、質のいい睡眠が必要です。

今回紹介したことを実践して、人生で最高のパフォーマンスができるようにしましょう。

スタンフォード式 最高の睡眠をもっと詳しく知りたい方はこちらから購入できます。↓

スポンサードリンク