エンジニアに転職してよかったこと

プログラミング

みなさんこんにちは、ふみかです。

先日から私はエンジニアとして働き始めましたが、

実際にエンジニアとして働き始めてみてよかったと思うことがたくさんありました。

今日はその一部を紹介します。

まだ働き始めたばかりですが、エンジニアに転職して本当によかったと思っています。

未経験からエンジニアに転職した方法はこちらから↓

未経験からエンジニアに転職した方法

 


服装が自由

私の働いているWEB制作会社では、自由な服装で働くことができます。

ジーパンやスニーカーでもOKなんです。

前職(団体職員・旅行会社)では、女性はいわゆるオフィスカジュアルが原則でした。

ですが、当時それが私にとってはとてもストレスでした。

私はあまりそのような服は好まないので、パンプスを履いたり、スカートを履くことがとても苦痛でした。

 

そして今回エンジニアとして転職して、自由な服装で働くことができ、とてものびのびと働けています。

自分の好きな服装で働ける。

これがまずエンジニアに転職してよかったことのひとつです。

 

リモートワークができる

現在私が働いている会社では、出社して勤務することが原則ですが、

最近のコロナウイルスの影響で、会社の方針により、しばらくの間リモートワークをすることになりました。

つまり自宅勤務ができるようになりました。

エンジニアは出社しなくても、自宅で仕事ができる職種なので、リモートワークが可能なのです。

通勤がなくなり、時間的にも体力的にもかなり楽になっています。

私が現在働いている会社は出社が原則ですが、エンジニアとしてリモートワークができる会社はたくさんあるので、そういった企業を探して転職することも可能です。

リモートワークができる。

これがエンジニアに転職してよかったことの二つ目です。

 

仕事でのストレスが減った

前職では仕事でさまざまなストレスがあり、仕事に行くのは苦痛でした。

しかし現在の会社にエンジニアとして転職してから、仕事でのストレスがかなり減りました。

WEB系の会社なので、風通しがよく自由な働き方ができ、とても働きやすいと感じます。

古い慣習もなく、上司や同僚との意思疎通がとてもスムーズです。

もちろん人によるかもしれませんが、

仕事でのストレスが減った。

これがエンジニアに転職してよかったことの三つ目です。

 

エンジニアに転職してよかったこと【まとめ】

今回はエンジニアに転職してよかったことについて書きました。

私はエンジニアに転職してから、少しずつ人生がよくなっていると感じています。

少なくとも前職の時よりは楽しく仕事ができていて、未来が明るく見えます。

エンジニアに少しでも興味があり、プログラミングを勉強してみたいという方は、

プログラミングスクールの無料体験を受講してみることをオススメします。

スポンサードリンク